REPORT
TOP
2011年1月 バングラディッシュの子供たちにボールをプレゼントしました。

今回は、子供たちに“サッカーボール”をプレゼントしました。

見た目はサッカーボールではありませんが、年少組もいるので、
柔らかく、安全なボールという事で配慮しました。

現地の子供たちは、ボールで遊ぶ事をあまりしなかったようです。

現地の国営の小学校や、一部裕福な家庭に育った子供たちは、
クリケットや、サッカーをして遊ぶ子供がいるようですが、人口密度が高い首都ダッカでは、
みんなで遊べる運動場などが、整備されていません。

その為、子供たちは、ビルとビルがひしめき合う隙間を縫って、ボール遊びをしているようです。

我々も小学校では、サッカー、ドッヂボールなど、私たちも昔から、ボールで良く遊んだものです。

バングラデシュで、人気のあるスポーツは、クリケットだそうです。

ブラジルの国技といえば、がサッカーというように、
バングラデシュでもクリケットを国技としています。

サッカーは、貧しくてもボール一つで遊べるのに対し、
クリケットはそこまでの手軽さがないようです。

私たちは、今や世界で一番人気と言っても過言ではない、
サッカーを子供たちに勧めたいと思います。

あのサッカーの王様ブラジルの「ペレ」も、
幼少期時代は、貧しかったと聞きます。

そんなペレは、サッカーを通じ、
希望を見出し、成功を納めています。

私たちも、子供たちに、ペレのように、
貧しくても、サッカーボールで何かを見出してくれればと思います。

今後も子供たちの成長を願い、教育環境支援をしてゆきます。